ソフトメディのプラセンタってどう?

京都のドクターズサロン、ソフトメディでは、プラセンタの注射を行っていて、アンチエイジングや健康維持に役立てることができます。
ソフトミディは、整形外科である山本クリニックに併設される形で誕生しました。
専門家である整形外科医が対応してくれるので、安心して処置してもらうことができます。
プラセンタは胎盤を意味する言葉です。
胎盤は妊娠時、子宮内の上部に形成され、内膜に沿って広がっており、中央からへその緒が伸び、胎児へと繋がっています。
胎児と母体を繋ぎ、酸素の供給や代謝物質の受け渡しを行う重要な器官となっており、母体に対しては、妊娠状態を維持できるようホルモンを産生します。
そして分娩が済むと、役目を終えたように体外へ排出されます。
胎盤には、胎児という新しい生命を育むために必要な栄養が詰まっていると言われています。
栄養価は実際に高く、5大栄養素のほか、豊富なアミノ酸など、健康維持どころか向上させる効果のある栄養が豊富に詰まっています。
プラセンタと呼ばれるものは、胎盤から有益な栄養分などを抽出してエキスや粉末状にしたものです。
プラセンタは注射の他に、野生動物に胎盤を食べる習性のあるものが多くみられるように、高い栄養価を利用するため美容目的のサプリメントとして食すものもあります。
プラセンタの可能性はかなり高く見込まれており、現にすでに肝臓病や婦人科疾患の患者に対して注射による投与が行われています。
その効能は、例えば血液やリンパの流れをスムーズにしたり、新陳代謝を活発にし、皮膚のコラーゲンを再生させるなどがあります。
病気とまではいかなくても、肩こりや腰痛、冷え性、慢性的な疲労感、アトピー性皮膚炎、自律神経失調症などの辛い症状も、軽減されるという研究結果が出ています。
天然由来の成分であり、もともと人の体内から生まれたものですから、他の人工的な薬剤や、美容目的であればボトックスなどの薬剤と違い、副作用らしい副作用を見つけることができません。
そのため、長期治療にも問題無く使用することができますし、実際に重度の更年期障害のために、何年もプラセンタ注射を受けているという人も少なくありません。

あえて、欠点を探すとすれば、人由来であるからこそ、HIVなどの病原菌を媒介する可能性があるというものがありますが、医療目的で使用されているものは、クロイツフェルト・ヤコブ病、HIV、肝炎ウィルス、リンゴ病などの起こり得る病気の検査を一通り行っており、さらに高温加熱処理で安全対策を施されています。
特定生物由来製品として、医師からの説明も使用に際して不可欠とされているため、かなり安全には気を配られています。
ソフトメディでプラセンタ注射を行う場合は、注射と点滴の2種類が選べます。
注射の場合は、最初の5〜10回くらいまでは間を開けずに2〜3日に一度のペースで行うことがおすすめです。
点滴であれば、1回で一定量を取り入れることができるので、1〜2週間の間隔で行います。
経験者の意見では、効果は1回目から実感できると言います。
気が変わったり、経済的な理由で止めたい場合は、習慣性や依存性も無いため、そのまま止めることができます。
効果は定期的に行わなければ持続できませんが、急に失われるものではないので、減少するにしてもある程度の状態は保つことができます。
ソフトメディのプラセンタ注射は1アンプル2100円、2アンプルで2625円、3アンプルで3150円です。
このほかにも、6アンプルを10500円で購入し、6回に分けて注射を行うコースもあります。
ソフトメディでは、プラセンタ注射だけでなく、他のメニューも豊富に揃えられていて、それを組み合わせることによって自分に必要なオーダーメイドの処置を受けることができます。
健康維持にも有益なプラセンタ注射と、自分の容姿の自信へと繋がるソフトメディの美容メニューを組み合わせれば、今までの悩みが嘘のように、素敵な毎日を送れることでしょう。

関連ページ

プラセンタ100ってどうなの?
美容に良いと言われる成分「プラセンタ」ってご存知ですか?美肌・美容に効果があるとして女性に人気が高まっています。プラセンタ商品を買う前に、実際の効果効能を知っておきましょう。