プラセンタの効果効能って?

化粧品にプラセンタという言葉が頻繁に登場するようになってずいぶん時間が経ちました。
プラセンタというのはその語感からして日本語ではないことはお分かりだと思いますが、何語で、いったい何のことなのかご存じない方も多いかも知れません。
プラセンタが持つ驚異的なパワーをご紹介する前に、まずはプラセンタそのものについてお話します。
プラセンタとは英語で、Placentaと表記します。
それを日本語に訳すと胎盤という意味です。
胎盤というのが何かよく分からないという方のためにご説明しますと、女性のお腹の中に赤ちゃんが出来ると、その赤ちゃんのために作られる組織です。
お腹の中にいる赤ちゃんが成長するために母体から栄養を取り出して赤ちゃんに送ったり、赤ちゃんの発育をコントロールする成長因子(グロース・ファクター)を送る役目などを持っています。
これらはどれもが赤ちゃんの成長に不可欠なものなので、赤ちゃんのためにある大変重要なものです。
当たり前すぎることなのであまり意識しませんが、人間は莫大な数の細胞で出来ています。
細胞はそれぞれの役割を持って人間と言うひとつの大きな生命体を維持するために毎日働いています。
お腹の中の赤ちゃんはまだまだ小さいですが、この細胞が細胞分裂でどんどん増えることによってやがて大きくなります。
ここで考えて欲しいのですが、赤ちゃんといっても最初は受精卵というごくごく小さな存在だったはずです。
それが細胞分裂を繰り返すことによって3kg程度の体重を持った大きさになるのですから、その比率だけを考えても何万倍という大きさに成長していることになります。
お腹から出てきた赤ちゃんがその後も同じスピードで細胞分裂を続けて成長したとしたら、人間の身長は数万メートルになってしまいます。
でも実際にはそんなことはありませんね。
つまり赤ちゃんはお腹の中では爆発的なペースで成長して、お腹から出てくると今度はゆっくりと成長するようになっています。

同じ人間の体でこんなスピード調節が出来るのはなぜでしょうか。
ここで活躍しているのが胎盤です。
胎盤には成長因子を送る役割があると先ほどお話ししましたように、胎盤が細胞分裂のスピードをコントロールすることによって最適な成長スピードで細胞分裂することが出来るのです。
まさに生命の神秘ですね。
この神秘的なパワーをもったプラセンタを化粧品などに応用することによって、肌の細胞分裂を促して新陳代謝を良くしたり、ホルモンバランスを整えたりする効果があるので内面から美しくすることに効果的だということが分かってきました。

関連ページ

◆プラセンタの効果ってどんなのがある?
美容に良いと言われる成分「プラセンタ」ってご存知ですか?美肌・美容に効果があるとして女性に人気が高まっています。プラセンタ商品を買う前に、実際の効果効能を知っておきましょう。
プラセンタの働きって?
美容に良いと言われる成分「プラセンタ」ってご存知ですか?美肌・美容に効果があるとして女性に人気が高まっています。プラセンタ商品を買う前に、実際の効果効能を知っておきましょう。
プラセンタが効果を発揮する症状とは?
美容に良いと言われる成分「プラセンタ」ってご存知ですか?美肌・美容に効果があるとして女性に人気が高まっています。プラセンタ商品を買う前に、実際の効果効能を知っておきましょう。
プラセンタの美白・美容効果って?
美容に良いと言われる成分「プラセンタ」ってご存知ですか?美肌・美容に効果があるとして女性に人気が高まっています。プラセンタ商品を買う前に、実際の効果効能を知っておきましょう。
プラセンタと育毛・髪の毛の関係
美容に良いと言われる成分「プラセンタ」ってご存知ですか?美肌・美容に効果があるとして女性に人気が高まっています。プラセンタ商品を買う前に、実際の効果効能を知っておきましょう。
プラセンタの更年期障害治療って?
美容に良いと言われる成分「プラセンタ」ってご存知ですか?美肌・美容に効果があるとして女性に人気が高まっています。プラセンタ商品を買う前に、実際の効果効能を知っておきましょう。
プラセンタは癌にも効果がある?
美容に良いと言われる成分「プラセンタ」ってご存知ですか?美肌・美容に効果があるとして女性に人気が高まっています。プラセンタ商品を買う前に、実際の効果効能を知っておきましょう。
プラセンタは不妊にも効果がある?
美容に良いと言われる成分「プラセンタ」ってご存知ですか?美肌・美容に効果があるとして女性に人気が高まっています。プラセンタ商品を買う前に、実際の効果効能を知っておきましょう。
プラセンタは副作用がある?
美容に良いと言われる成分「プラセンタ」ってご存知ですか?美肌・美容に効果があるとして女性に人気が高まっています。プラセンタ商品を買う前に、実際の効果効能を知っておきましょう。