植物性プラセンタと動物性プラセンタの違いとは?

ひとくちに「プラセンタ」と言っても、実は植物性プラセンタと動物性プラセンタがある事を御存知でしょうか。
プラセンタとは、「胎盤」の事ですので、本来であれば動物由来の成分であって、植物には存在しない成分のはずですね。
けれど、BSE問題、いわゆる狂牛病の問題により、牛から抽出されるプラセンタが問題となりました。
その替品として登場したのが、大豆由来のイソフラボンやアミノ酸、ビタミン、ミネラル等の美容成分を配合した植物性プラセンタと呼ばれるものです。
けれど、実際には、本来プラセンタと呼ばれている動物性プラセンタに含まれているような動物性の成長因子は含まれていない為に、その効果は本来のプラセンタとは本質的には違うと認識しておいた方が良いでしょう。

 

ちなみに、動物性プラセンタには、
・豚プラセンタ
・馬プラセンタ
・羊プラセンタ
・ヒトプラセンタ
等の種類があり、現在アンチエイジングの分野でも注目されている「プラセンタ注射」には、ヒトプラセンタ(胎盤エキス)が使用されているようです。
プラセンタに期待されている効果としては、新陳代謝の促進や皮膚機能の再生等のアンチエイジング効果です。
その事からも、成長因子が含まれていない植物性プラセンタと比べると、動物性プラセンタの方がより効果が期待出来ると言えるでしょう。
もし、プラセンタを試してみようと思っていらっしゃるのであれば、その原材料まできちんと調べるようにして下さいね。

関連ページ

プラセンタ原液はどんなモノに使われている?
美容に良いと言われる成分「プラセンタ」ってご存知ですか?美肌・美容に効果があるとして女性に人気が高まっています。プラセンタ商品を買う前に、実際の効果効能を知っておきましょう。
馬のプラセンタが効果的?
美容に良いと言われる成分「プラセンタ」ってご存知ですか?美肌・美容に効果があるとして女性に人気が高まっています。プラセンタ商品を買う前に、実際の効果効能を知っておきましょう。